【AI指数予想】2023セントライト記念の過去データ傾向・特徴

9月18日の月曜日に開催されるセントライト記念。
中山競馬場の芝2200mで行われ、昨年2着馬のアスクビクターモアが菊花賞を制しているため、注目したいレースです。
祝日開催ですし、この日はJRAアニバーサリーということから非常にお得なイベントも開催されています。

セントライト記念の前日には、 AI指数をもとに算出した精度の高い予想もご案内します。

netkeibaで、プロ予想家として活躍中

 

2月最終週もプラス

 

10万以上の払い戻しのレース

↓↓↓

 

 

 

1月には、

 

13人気72.5倍の単勝を1点的中

↓↓↓


 

お気に入り登録お願いします

 

 

2023セントライト記念の出走予定馬

馬名性齢斤量
アームブランシュ牡356
ウィズユアドリーム牡356
ウイニングライブ牡356
ウインオーディン牡356
エンライトメント牡356
キングズレイン牡356
グリューネグリーン牡356
コスモサガルマータ牡356
コレオグラファー牡356
シャザーン牡356
シルトホルン牡356
シルバープリペット牡356
セブンマジシャン牡356
ソールオリエンス牡356
ドゥラエレーデ牡356
フレーヴァード牡356
レーベンスティール牡356

今年の注目馬は何と言っても、4戦3勝で皐月賞を制し、ダービーはタイム差なしの2着に入っているソールオリエンスが最有力です。
その他にも、昨年のホープフルSを制し、UAEダービーでは2着に入る活躍を見せているドゥラエレーデも出走し、かなり豪華な印象です。

上がり馬のレベルもとても高そうですし、特にモレイラ騎手が騎乗するレーベンスティールはG3のラジオNIKKEI賞を制するなど新進気鋭です。

ソールオリエンスが圧倒的に有利ですが、可能性の高さを考えると誰が勝ってもおかしくないメンバー構成とも言えそうですね。

2023セントライト記念の過去10年分(9回分)の特徴・傾向データ

新潟開催だった2014年のデータは除いています。
中山芝2200mで行われるセントライト記念の過去10回分のデータを抽出し、予想を的中させるためのヒントとしていきたいですね。

枠順別傾向

枠番着別回数単勝回収率複勝回収率
1枠0- 1- 2- 7/10083
2枠2- 0- 3- 9/14349177
3枠2- 1- 0-12/158978
4枠2- 1- 0-13/164127
5枠1- 2- 1-14/183247
6枠1- 0- 2-15/182838
7枠1- 3- 1-14/196555
8枠0- 1- 0-18/1906

外枠の成績の悪さは驚くほどで、8枠は19頭が出走し馬券圏内に入った馬は1頭のみです。
単勝回収率は0%で、複勝の回収率も6%なので、8枠は素直に「消し」が良いかもしれませんね。

全体的に見ると内枠が安定しており、1枠は勝利こそありませんが複勝の回収率は83%と優秀です。
2枠は2勝、3着3回で、単勝の回収率が349%、複勝回収率は177%で唯一100%を超えている枠になります。

脚質別傾向

脚質着別回数単勝回収率複勝回収率
逃げ1- 1- 0- 8/ 1059101
先行4- 5- 2- 18/ 2910470
差し2- 3- 5- 43/ 532356
追い込み1- 0- 2- 33/ 3611840
マクリ1- 0- 0- 0/ 1140110

逃げ馬の回収率は複勝が100%を超えていますが、馬券圏内に入っているのは2頭のみなので…心配な面もあります。

やはり先行が安定しており、単勝回収率は104%、複勝は70%。勝利した9頭中4頭が先行馬だったことを考えると、ある程度前目につけられる馬を狙うのがおすすめです。

差し馬は比較的回収率が低く、追い込み馬は単勝が118%ですが、9番人気のサマノイタズラが勝利したことによるものです。そのため過信するのは危険です。

マクリはディーマジェスティのみが行い、見事勝利しています。1番人気の馬、しかも皐月賞馬ですから、マクリも信用し過ぎるのは怖いです。

種牡馬別傾向

種牡馬着別回数単勝回収率複勝回収率
ディープインパクト1- 5- 1-15/22653
スクリーンヒーロー1- 1- 0- 1/ 3243340
シンボリクリスエス1- 0- 0- 2/ 320676
ルーラーシップ1- 0- 0- 1/ 2265110
ブラックタイド1- 0- 0- 1/ 2625225
ナカヤマフェスタ1- 0- 0- 0/ 1590190
トーセンホマレボシ1- 0- 0- 0/ 1610150
キタサンブラック1- 0- 0- 0/ 1510170
ヴィクトワールピサ1- 0- 0- 0/ 14270800

毎回異なる種牡馬の産駒が勝利していて、ディープインパクト産駒は苦手でしたね。ラストクロップが3歳の今年出走馬がいませんから、少々残念です。

勝利種牡馬が毎回異なるのでデータ傾向を見つけ出すのは難しいですが、強いて挙げると「スクリーンヒーロー」が優秀です。
3頭が出走し、1着と2着が一度ずつ、あと1頭は馬券圏外です。

今年出走予定のスクリーンヒーロー産駒は、シルトホルン1頭だけです。
上位人気にはならないと思いますが、前走はラジオNIKKEI賞で2着に入っていて、力を持っていることは確実でしょう。

人気別傾向

人気着別回数単勝回収率複勝回収率
1番人気2- 4- 0- 3/ 97491
2番人気1- 2- 2- 4/ 96787
3番人気2- 0- 3- 4/ 9125105
4番人気2- 0- 0- 7/ 914643
5番人気0- 1- 1- 7/ 9068
6番人気1- 0- 2- 6/ 9138123
7番人気0- 0- 0- 9/ 900
8番人気0- 1- 0- 8/ 9046
9番人気1- 1- 0- 7/ 9474180
10番人気0- 0- 1- 8/ 90102
11番人気0- 0- 0- 9/ 900
12番人気0- 0- 0- 9/ 900
13番人気0- 0- 0- 7/ 700
14番人気0- 0- 0- 6/ 600
15番人気0- 0- 0- 5/ 500
16番人気0- 0- 0- 1/ 100
17番人気0- 0- 0- 1/ 100
18番人気0- 0- 0- 1/ 100

1~4番人気の馬が7勝しており、あとは6番人気と9番人気が1勝ずつ。
上位人気の安定ぶりはすさまじく、上位人気を本命にするのが得策でしょう。

3番人気は単勝と複勝共に100%越えの回収率を誇り、これは6、9番人気も同様です。
ただ2勝している3番人気が最も安心して買えそうですね。

1番人気と2番人気は単勝回収率よりも複勝回収率のほうが優れていて、3連系の馬券の軸向きです。
それに対して3番人気や4番人気は、単系馬券向きだと思います。

2023年のセントライト記念は皐月賞を優勝、ダービー2着の実績のあるソールオリエンスが1番人気になるでしょう。
普通に考えるとこの馬が勝ちそうですが、↑の表を見ると3連系の軸とすべきかもしれませんね。

AI指数に基づいたセントライト記念の予想

レースの前日にnetkeibaのページにて配信します!
netkeibaさんでプロ予想家として活動させていただいています。

セントライト記念など、予想中↓↓

netkeiba 「GANKO」の予想ページ

最新情報をチェックしよう!