ユニコーンSの過去10年のデータ傾向と出走馬!指数は?

ユニコーンSといえば、3歳馬だけが出走可能なG3レースです。
G1に昇格させてみては?とよく言われるくらい、のちの活躍馬を輩出しています。

今年は17頭が現時点で出走登録しており、それに対してフルゲートは16頭。
どの馬かが出走を見送らない限り抽選になってしまいますね。

出走登録馬

イグザルト牡3
インダストリア牡3
コンバスチョン牡3
$ジュタロウ牡3
スマートラプター牡3
セキフウ牡3
タイセイディバイン牡3
テーオーステルス牡3
ティーガーデン牡3
ハセドン牡3
バトルクライ牡3
*ビヨンドザファザー牡3
ペイシャエス牡3
リメイク牡3
レッドゲイル牡3
*ロードジャスティス牡3
ヴァルツァーシャル牡3

牝馬が1頭もおらず、すべてが牡馬ですね。

ユニコーンSの指数について

指数はレース前日の夜に公開します!

ユニコーンSの過去10年の傾向データ

枠番別傾向

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠2- 2- 0-14/1811.10%22.20%22.20%11161
2枠1- 0- 2-17/205.00%5.00%15.00%1670
3枠0- 1- 3-15/190.00%5.30%21.10%0102
4枠2- 1- 1-16/2010.00%15.00%20.00%5936
5枠1- 1- 0-17/195.30%10.50%10.50%2417
6枠2- 0- 2-16/2010.00%10.00%20.00%8088
7枠1- 2- 1-16/205.00%15.00%20.00%1125
8枠1- 3- 2-14/205.00%20.00%30.00%10234

どの枠もまんべんなく勝利している印象です。
単勝回収率は1枠だけが100%を超えているものの、複勝回収率は61.

3枠は単勝回収率が0ですが、複勝は102%。
8枠も同じように単勝が10%で福証の回収率が234という感じです。

枠番の傾向に関してはそれほど参考にならないかもしれませんね。

脚質別傾向

脚質着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ1- 1- 0- 8/ 1010.00%20.00%20.00%66116
先行4- 3- 3- 32/ 429.50%16.70%23.80%48131
中団4- 3- 4- 45/ 567.10%12.50%19.60%5060
後方1- 3- 4- 39/ 472.10%8.50%17.00%951

先行・中団から行く馬が好成績を収めています。
複勝回収率は116ですが、東京ダート1600mを逃げ切るのは難しく、勝利馬は1頭のみ。

複勝回収率が最も高いのが先行馬の131%ですが、単勝に関しては48と低迷しています。

単勝も複勝も優れている脚質は見当たりません。

種牡馬別傾向

過去10年で好成績を挙げている種牡馬を調べましたがゴールドアリュールが最強!といった感じ。
しかし今年は出走しませんので、出走する馬の父のランキングを掲載します。

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率
ヘニーヒューズ1- 0- 1- 6/ 812.50%12.50%25.00%
キングカメハメハ0- 1- 0- 5/ 60.00%16.70%16.70%
ルーラーシップ0- 0- 1- 1/ 20.00%0.00%50.00%
マクフィ0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%
ディスクリートキャット0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%
リオンディーズ0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%
エスポワールシチー0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%

一部の種牡馬については出走数自体が少ないのでご承知おきください。

↑の表からわかるのは、キングカメハ産駒はイマイチで、ヘニーヒューズ産駒はそこそこ数値が高いものの、8頭出走し1着1回、3着1回のみ。

ルーラーシップ産駒が2頭出走して1頭が3着に入って、複勝回収率は200%を記録しています。

その他の傾向

  • 上位人気がかなり勝利しており、1~3番人気が10年で9勝
  • 昇級戦ではなく、前走同クラスを走っている馬のほうが勝率等が圧倒的に高い

狙い目はコノ馬?

週末に皆さんにお見せする指数のことは抜きにして、それ以外の傾向データだけを考えると、〇〇〇〇〇〇〇が候補に当てはまりそうです。
その馬の名前はからご覧いただけます

【必見】当ブログのメルマガ案内

メルマガだけで公開する指数情報やその他様々なお得な情報をメルマガにて提供いたします。
買い目の配信を行うこともありますので、どうぞ登録なさってください。

週末の一部レースの指数は、メルマガ読者様だけにお伝えします!