関屋記念の過去10年の特徴!データ上有利な傾向や予想のコツ!指数は

関屋記念は新潟競馬場のマイルコースで開催されるG3レースで、今年は4歳~7歳までの馬が出走します。
過去10年全て新潟競馬場で開催されているので、分かりやすい傾向が判明すると思います。
特徴を知れば知るほど、このコースで有利な馬がわかってくるため、予想にも役立ちます。

【必見】当ブログのメルマガ案内

メルマガだけで公開する指数情報やその他様々なお得な情報をメルマガにて提供いたします。
買い目の配信を行うこともありますので、どうぞ登録なさってください。

週末の一部レースの指数は、メルマガ読者様だけにお伝えします!

関屋記念の出走登録馬

馬名性齢
イルーシヴパンサー牡4
ウインカーネリアン牡5
$エアファンディタ牡5
エクスパートラン牡7
エンデュミオン牡5
$ゴールデンシロップ牡4
ザダル牡6
シュリ牡6
スカイグルーヴ牝5
ダノンザキッド牡4
ディヴィーナ牝4
ピースワンパラディ牡6
リアアメリア牝5
レッドライデン牡5
ワールドバローズ牡4

フルゲート18頭のところ、関屋記念への出走登録馬は15頭のため、このままいけば全馬出走できますね。

2022年関屋記念の指数について

2022年関屋記念の指数はコチラ

関屋記念の過去10年の傾向データ

枠番別傾向

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠1- 0- 1-16/185.60%5.60%11.10%4329
2枠1- 1- 2-15/195.30%10.50%21.10%6362
3枠1- 0- 2-16/195.30%5.30%15.80%5138
4枠0- 2- 1-16/190.00%10.50%15.80%036
5枠0- 0- 2-18/200.00%0.00%10.00%032
6枠0- 2- 1-17/200.00%10.00%15.00%039
7枠4- 2- 1-18/2516.00%24.00%28.00%8584
8枠3- 3- 0-19/2512.00%24.00%24.00%7364

かなり極端な傾向が出ました。
4枠~6枠は勝利がなく、複勝回収率も30%台とかなり低いです。

1枠~3枠はそれぞれ1勝ずつ、7枠は4勝、8枠は3勝。
これを見ると圧倒的に外枠の勝率が高く、有利であることが分かります。
回収率は100%は超えていませんが、内枠や中枠よりも外枠の方が良積な傾向です。

軸馬を決める際には、外枠の馬に要注目ですね。

脚質別傾向

脚質着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
逃げ2- 1- 1- 6/ 1020.00%30.00%40.00%168143
先行3- 4- 3- 25/ 358.60%20.00%28.60%5884
中団3- 2- 4- 65/ 744.10%6.80%12.20%2829
後方2- 3- 2- 39/ 464.30%10.90%15.20%2436

逃げ馬から追い込み馬まで満遍なく勝利しているのでフラットな傾向かとイメージしますが、実際は差し馬と追い込み馬の勝率は4%台と低いです。

新潟競馬場は最後の直線が長く逃げ馬にとって不利と思われがちですが、きっちり過去10年中に2勝しており、2着と3着も1回ずつあります。
単勝と複勝の回収率もそれぞれ168と143ある点も特徴です。

続いて先行馬の成績がよく、勝率は8%強で、連対率は20%。
単勝の回収率は50%台と低く、しかし複勝回収率は80%を超えています。

道中、中団や後方から行く馬は単複共に回収率が20%台~30%台と低調ですね。

人気別傾向

人気着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気3- 2- 3- 2/ 1030.00%50.00%80.00%107127
2番人気1- 0- 0- 9/ 1010.00%10.00%10.00%4721
3番人気1- 0- 2- 7/ 1010.00%10.00%30.00%6164
4番人気4- 1- 1- 4/ 1040.00%50.00%60.00%356160
5番人気0- 2- 1- 7/ 100.00%20.00%30.00%085
6番人気0- 3- 1- 6/ 100.00%30.00%40.00%0130
7番人気1- 1- 0- 8/ 1010.00%20.00%20.00%12188
8番人気0- 1- 1- 8/ 100.00%10.00%20.00%086
9番人気0- 0- 1- 9/ 100.00%0.00%10.00%067
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.00%0.00%0.00%00
11番人気0- 0- 0- 10/ 100.00%0.00%0.00%00
12番人気0- 0- 0- 10/ 100.00%0.00%0.00%00
13番人気0- 0- 0- 9/ 90.00%0.00%0.00%00
14番人気0- 0- 0- 9/ 90.00%0.00%0.00%00
15番人気0- 0- 0- 9/ 90.00%0.00%0.00%00
16番人気0- 0- 0- 8/ 80.00%0.00%0.00%00
17番人気0- 0- 0- 6/ 60.00%0.00%0.00%00
18番人気0- 0- 0- 4/ 40.00%0.00%0.00%00

関屋記念は人気薄馬の出番がない!とも言えるほどの状況です。

過去10年のうち上位4番人気までが9勝を挙げていて、残り1勝は7番人気です。
1番人気の馬が単勝と複勝共に100%以上の回収率を収めているのは驚きですね。

上位4番人気までの馬を軸として、相手も10番人気くらいまでに絞るのが良さそうでしょう。
コース形態的に、強い馬が実力を発揮しやすいのが特徴です。

年齢別傾向

年齢着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
3歳1- 0- 2- 7/ 1010.00%10.00%30.00%4197
4歳3- 2- 2- 19/ 2611.50%19.20%26.90%7158
5歳3- 6- 5- 49/ 634.80%14.30%22.20%4368
6歳2- 2- 0- 31/ 355.70%11.40%11.40%3224
7歳1- 0- 1- 25/ 273.70%3.70%7.40%2822
8歳0- 0- 0- 4/ 40.00%0.00%0.00%00

どの年齢も回収率は100%を超えていません。
そんな中でも3歳馬の複勝回収率は97%と高いです。(単勝回収率は41)

勝利数が多いのは4歳と5歳の3勝ですが、出走頭数自体が大きく異なっており、勝率は4歳が11.5%、5歳が4.8%です。
5歳馬は3勝していますが、特に単勝の回収率が低く、それほど期待はできません。

6歳以上の馬に関しては勝利こそしているものの、びっくりするほどの低い回収率なので、予想の際はできれば若い馬を中心視する方が良さそうです。

種牡馬傾向

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト4- 2- 1-20/2714.80%22.20%25.90%6752
スニッツェル1- 0- 1- 3/ 520.00%20.00%40.00%122176
タイキシャトル1- 0- 0- 4/ 520.00%20.00%20.00%15646
アグネスタキオン1- 0- 0- 2/ 333.30%33.30%33.30%15670
ダンスインザダーク1- 0- 0- 1/ 250.00%50.00%50.00%530155
ゴスホークケン1- 0- 0- 0/ 1100.00%100.00%100.00%1210500
Point of Entry1- 0- 0- 0/ 1100.00%100.00%100.00%970270
ハーツクライ0- 2- 1- 6/ 90.00%22.20%33.30%074
キングカメハメハ0- 2- 1- 7/100.00%20.00%30.00%095
ステイゴールド0- 2- 1- 6/ 90.00%22.20%33.30%088

血統的に見ると、ディープインパクトの産駒が過去10年で4勝も挙げていて、2着は2回、3着も1回。
勝利数が多くついつい期待しがちですが、単複回収率共に50%~60%台です。
軸としては良いかもしれませんが、うまく予想を組み立てないとトリガミなどの危険もあります。

今年出走する馬の父の産駒はディープインパクト以外、関屋記念の勝利馬を出していません。
ステイゴールドとハーツクライ産駒は、どちらも9頭出走し、2着が2回、3着が1回という数字。
わずかにステイゴールド産駒の方が複勝回収率が高いです。

関屋記念のその他の特徴・傾向

  • ノーザンファーム生産馬が過去10年で4勝
  • 戸崎騎手が3勝で、単勝回収率が155
  • 520㎏以上が4勝、単複回収率は余裕で100超え
  • 昇級馬のほうが好成績

関屋記念の狙い目はコノ馬?

週末に皆さんにお見せする指数のことは抜きにして、それ以外の傾向データだけを考えると、〇〇〇〇〇〇〇が候補に当てはまりそうです。
その馬の名前はからご覧いただけます

【必見】当ブログのメルマガ案内

メルマガだけで公開する指数情報やその他様々なお得な情報をメルマガにて提供いたします。
買い目の配信を行うこともありますので、どうぞ登録なさってください。

週末の一部レースの指数は、メルマガ読者様だけにお伝えします!