2022朝日杯FSの「穴馬」と「注目馬」はコレ!

12月18日に阪神競馬場で開催される朝日杯FS。
昨年はダービー馬となるドウデュースが制し、それ以前にも数多くの名馬が勝利しています。

朝日杯FSの「注目馬」

ダノンタッチダウンやドルチェモアが上位人気になると思われ、特に阪神ジュベナイルフィリーズを制した川田騎手が騎乗するダノンタッチダウンが注目を集めそうです。
2週連続のGI勝利もありえそうですし、セレクトセールで2億6400万円で取引された高額馬なので、世間の注目も集まっています。
実際にかなりの強さを見せ付けているだけでなく、安田隆行調教師&川田騎手というコンビでは実績を残していますからね。
阪神JFでも川田騎手を主戦ジョッキーとしている中内田調教師のリバティアイランドが勝っているので、意外と騎手と調教師の組み合わせも重要になってきます。

そして無敗のドルチェモアも非常に怖い存在です。
ドルチェモアはデビュー戦と2戦目のサウジアラビアRC共に横山和生騎手が騎乗していましたが、今回は坂井騎手への乗り替わりとなります。

それ以外にはルメール騎手が騎乗予定の珍名馬、オオバンブルマイも無敗で挑戦します。
新馬戦が5番人気、2戦目の京王杯2歳ステークスが10番人気での勝利ですから、自分の名前通りの大盤振る舞いを馬券購入者に対して行ったというのは非常に面白いですね。

他にはオールパルフェ、レイベリングも怖い存在でしょう。

オールパルフェは初戦で敗れたもののその後2連勝し、前走のデイリー杯2歳ステークスでは今回朝日杯FSで1番人気になるかもしれないダノンタッチダウンを破って勝利しています。

レイベリングは、21世紀芝世界最強馬ともいわれるFrankel産駒で、海外生産馬です。
1戦1勝で無敗。
前走は出遅れながら2着馬に3馬身半差をつける圧勝劇を演じています。
能力的に未知数な部分はありますが、圧勝してもおかしくはありません。

朝日杯FSの「穴馬」

絶対にこの馬だ!というような抜けた馬がいないので、穴馬が大駆けする可能性もあります。
阪神JFでは優勝した馬以外の上位馬は人気薄の馬だらけでしたからね。

ここでは朝日杯FSの「穴馬」を2頭ピックアップします。

穴馬1頭目に記載されています。

穴馬2頭目にほんブログ村 競馬ブログへに記載されています。

無料LINE登録するとプロの予想無料に

予想サイトの《U-LINE》は、データ化した過去のレースデータを解析した結果を活かしています!
さらに極秘情報というファクターを加え、競馬業界で活躍する専門家が徹底的に情報を精査して買い目を決めています

1/28の結果の一部↓

東京1Rで163,710円
東京7Rで225,280円
東京8Rで79,830円
の払い戻しをゲットしています。

ちなみに《U-LINE》では、無料予想も提供しているので必見です!

詳細は↓↓

━━━━━━━━━━━
ご新規様限定!!厳選無料情報プレゼント♪
━━━━━━━━━━━

中央の他に、地方競馬の予想も配信しています!

《U-LINE》の公式サイトはコチラ↓

最新情報をチェックしよう!